09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

これでも時々真面目に考えてる。

2009.04.27/Mon/02:34:19

 ちょっと今の考えなぞちらりと書いてみようかと思います。



 今回死にそうになったことで、親にもやっぱり、 あんた…やっぱりそろそろ潮時じゃないの? といわれました。
 うん、私もそう思う。
 そもそも今回の帰国の時にはそのつもりだったし、親にもそんな話はしていたのだけれど。

 金銭面で、というのももちろんあるけど、たぶん感覚としては、厭きた。やる気が無くなった。 というのが正しいと思う。
 はっきり言って将来性無いしね。
 あとは……例の子がやめたのもでかいかも。
 それに合わせるように、その次の日久々のでかい風邪引いて寝込んだし。 でもその子がやめた次の日の日曜日は出る人が誰もいなくて私ふらふらしながら社長来るまで頑張ったんだよな…。
 あのときはさすがに、あーやっぱり内心ショックだったんだなーと思ったものでした。
 渡韓して、色恋沙汰としては一番でかかったし。
 一方通行でも心の潤いとしては役割大きかったと思うのよね。 週末逢えるのがある種楽しみにしてたとこでもあったし、些細なことに一喜一憂してたりしたし。
 それから、体力的にも私にはきつかったのかもしれない。
 なんだって夜型になってしまうしな。 労働だし。
 それが自分の国ならまだしも外国。 知らず知らずに負担かかってたんだなぁと思う。


 でもまぁ、これもいい社会勉強だったなぁ、人生の肥やしだったなぁ、と思えば、いい経験だったと思います。 無駄ではなかった、筈。
 今まではずっと親の庇護の元で育って暮らしてきて、大学でもずっと自宅生だったし、「外に出た」のは多分、この渡韓が初めてだったんじゃなかろうかと思うのです。
 母上もそういう意見だったみたいで、留学に際して大きく反対しなかった理由とか、色々聞かされました。
 うちは他所よりもどっちも先短いし、兄弟もいないから結局はひとりだし、早くちゃんと自立してくれなきゃ困る、とかも(苦笑)

 ついでに。
 以前からもう結婚してもいいくらいの歳だなんて軽く言われてはいたのですが。
 そろそろ適齢期なんだから、向こうでふらふらしてないで、そっちも考えなきゃいかんよ、とか暗に結婚を急かすような言葉を聞くようになりました。
 相手もいないのにそんなひどいこと言わないでよマザー。 と心にダメージでした。
 親の歳考えたらそら早いほうがいいけどもさ…!
 どうやら見合いなども視野に入れてるらしく、ちょっとこれは完全帰国したら本腰入れていろいろ頑張らないといけないな、と思わざるを得ない雰囲気です。
 ……ヤバイ、と本気で思った。




 とりあえず明日はクリントイーストウッドの映画を観に行きます。 一家で。
 すまんね、ナチュラルに1000円で映画観られる親で。

 だから早く結婚しろって言われるんだよな…。

スポンサーサイト
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: --
go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://capriccio2005.blog18.fc2.com/tb.php/440-c934094d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。