09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

インタビュー練習。

2007.11.10/Sat/23:59:59

 久々のスタディでした。
 いつものメンバーに加え、C子氏も一緒に。

 集合がお昼だったのでまずは腹ごしらえをとC子氏の勧めで某食堂へ。
 家の裏にある物凄い近いお店だったのだけど、C子氏のクラスの人が美味しかったと言っていたらしく、いっぺん行ってみようという話しになりまして。
 食べたのは칼국수。
 なかなか美味しかったです。
 4人で食べたのだけど、一人ずつの器でくるのかと思ってたら、いきなり盥みたいなんで来てびっくりしました。 でかすぎて全部は食べれんやろうと思ったけど、意外にいけるもんですね。
 
DVC00058.jpg

 칼국수って、辛くないしちょっと饂飩に近いから日本人も食べやすい料理だと思うけど、店によって当たり外れはある気がする。 茹で汁のままっていうのもあるのか、妙に粉っぽいときあるよねー…。
 だから最後のほうは凄く苦しくなってくるときもあり。
 美味しいの見付けるってなかなか難しい。。。



 その後学校近くのカフェに移動してのスタディでは、私らはインタビューの練習をしてもらったんですが、うちのクラスやっぱり情報が遅いなと。
 何でうちだけインタビューの紙貰ってないんだ。
 いつものことと言ってしまえばそれまでですが、こういうのってどうなんだろう……ねぇ、先生。。。

 それにしてもこのインタビュー練習は凄く勉強になった。
 如何せんまだ紙を貰ってないもので、どんな質問かもさっぱりのぶっつけ本番で物凄くドギマギしてしまったのですけど。

 ていうかいまどき “ドギマギ” なんて使わんのか。

 質問の意図、という高校まで散々聞かされた言葉を改めて思い出しました。
 喋ることに必死で、何とかいっぱいちゃんと喋らんと、て気持ちばっかりで、試験の意図というのはすっかり頭から抜けていた気がする。
 でも彼女のアドバイスは凄く分かりやすくて、こう言ったのは良かった、とか、ここはこうした方がいい、ていうのが的確だったので、多分今までで一番役立ったかもしれん。

 彼女は翻訳を勉強してて、私も通訳や翻訳には少なからず興味があったから、実際のことをいろいろ話も聞けて、そこも勉強になるし。
 日本語独特の表現を韓国語にするのが凄く難しいと言ってました。
 小説は特にそういう表現があるから、日本の背景とか、歴史とか気候とか、そういう文化も全部ひっくるめて理解できてないとちゃんと訳すことが出来ないんよね。
 同時に韓国のことも多方面に渡って分かってないといけないし。 言葉もいっぱい知らないとそれに当たる表現も見つからないし。

 ただ訳せばいい、というわけではないから、凄く難しい作業なんだなと改めて思いました。
 しかも、最近は日本で出た本をすぐにこっちでも翻訳して発売しなきゃいけんから、期間が凄く短いんだと。
 本当はじっくり読み込んで、推敲もせんといけんし、そのほうが断然いいのに、侭ならない。
 こう……そういう矛盾がね。。
 それから昔の文学とか、所謂文豪と言われるような人たちが書いた作品も重い硬い作品も、もっと訳されるべきなのに、売れないから訳されなくて、最近は軽いものばっかりが訳されていると。
 もうちょっと考えねばいけませんよね…。

 『雪国』 も、今までに3回、3人の人によって訳されたけど、全部失敗してるって。。






 来週の試験がやばいです。

スポンサーサイト
カテゴリ: 渡韓中話
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://capriccio2005.blog18.fc2.com/tb.php/383-f6066246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。