09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

正直、最初に心を惹いたのは、その名前。

2007.01.07/Sun/00:00:00

 昨日今日と白虎隊のドラマを見ました。
 時代物好きとしてはつい見てしまう。 というか、幕末か。
 白虎隊の存在を知ったのはいつだったかなぁ?
 確か、中学のときの部活の先輩が、林間学校で会津に行ったお土産に買ってきてくれたものに、書いてあったのが最初だった気がする。
 気になって、存在を知って、でも以降詳しくは知らなかった。
 城下が燃えていたのを城が燃えていると勘違いしてしまって山で自害した、くらいしか。

 なかなか良かったです。

 最近、時代劇を見るにもいろいろと見るところが変わってきて、時代的なところとか風俗とか、そういったところにも目が行くので、よくテレビの前で文句を言ったりしてしまうのですが。
 素直に話の入れないのは私の悪い癖ですね。
 でもちょっとでも時代背景を知っていると気になるものだと思うので、年末の例のあれのようになっていると、感動も半減してしまう。
 この度も少し軽さは感じたものの、良かったです。
 ……て、私は別に評論家でも何でもないので、偉そうに論じる気はありませんが。
 容保は新選組でも出てくる人なので、あーこの間に何が起こって、誰々がどうして、とか思い出しつつ見ていました。
 前後関係が分かると非常に面白いのが歴史物時代物ですな。
 雰囲気としては、割と合っているほうだったのかなぁ。 年はもっと若いはずですけれど。

 しかし、昔の子はしっかりしてたんだなぁ、と改めて思います。
 精神年齢が高い、というのか。
 そりゃあ昔は十五くらいで成人なのだからそうかもしれませんが、それにしても…。
 野際さんの役の台詞じゃないですけれど、これくらい気概があれば今の日本はこんな風にはなっていなかったんでないかなと。
 様式とともに精神も廃退したんでしょうか…。
 戦後からそれが著しい気もいたしますが。。。
 悲しいことだなと思えます。 だから、トリップする話とか書いてるのかな、私。


 これを見て、なんとなく書ける雰囲気になってきた感じです。
 そろそろ更新を、と思っている次第です。 やばいです、半年くらい経ってるしな…(汗)

スポンサーサイト
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://capriccio2005.blog18.fc2.com/tb.php/245-ef829f1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。