05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

そう遠くないはずの昔の話。

2006.09.13/Wed/00:00:00

 今日、借りてきたDVDを見ました。

 『男たちの大和』

 合宿最終日の観光で、呉の大和ミュージアムに行ってきたから、なんですが。
 その話をしたとき、父もお遍路のバスの中で見てなかなかわりに良かった、と言っていて。
 せっかく行ったし、いっぺん見てみようかという話になって、借りてきたのです。

 母上と見ました。




 なかなか良かった、のかな。

 やはりいろいろと考えさせられました。
 こういう、現在生き残った人が昔を回想する、という構成が多いですね。
 ヒットしたものは結構この展開が見られる気がする。 気のせいかな。
 あまり生々しすぎなくていいのかも、と母上と話していたのですが。


 そうそう、ひとつ母上としきりに話していたことなんですが、

 「つけ毛はよくない」

 ということ。



 何の話だよ。

 いえいえ。
 鈴木京香さんがね、髪の毛長かったでしょう。
 あのひと確かおかっぱくらいの長さで綺麗な髪だった気がしたんですが、映画の中では長かったので、アレつけてない? ねぇ、あのながいやつ嘘もんだよね? という話になって、あの髪型はなんか良くないよね。 短いほうが好きなのに。 と散々に。
 その後も、被るんじゃなくて髪の毛くらいはせめて自分の本当の髪でやって欲しいよね、と話していました。 日本髪のかつらとか。 坊主にするのはまぁあれくらいは当然だよな、とか。

 私は映画でもドラマでも小説でも漫画でも場面によってよく涙が出るので、母上とともに見ている手前、堪えるのがそらもう大変だったわけですが。
 でも何だかんだといろいろなことを話しつつ、感想も言いもって、気付いたことやら補足も入れたりなんかして見ていたわけですよ。

 現代で一緒に船乗ってた役の男の子がなかなかいい、とか、よく出るよねあれ確かラストサムライに出てた子だっけ? とか。
 仲代さんの若いときやった役の男の子もなかなかよかった、とか。 (そういえばLだったよね……)
 幼馴染? かなんかの役で出てた女の子は、イオンカードのCMの子だよほらあのあんまり擦れてない感じの、とか。
 エンドロール見て、あれたかちのぼるて出てたっけ? とか。(気付かんかった……!)
 一茂氏は一体どっから出てた?(by母上) とか。
 杉 良太郎の息子も出てるし…!とか。
 誰かの息子がなんか出てるらしいよさっぱり分からんけど、 最初のうちとかはこういうところで出るのがやっぱ一番いいんだろうね大勢の中で台詞ちょっととかのほうがさ、とか。


 まぁ、何故今の時期になって、という感も否めませんが、じっくり見させていただきました。
 143分て結構長いね…。
 途中で自主的トイレ休憩入れちゃったよ。

 しかし、あの時代はほんと、十代で戦争に行ってたんですよね…。 今からじゃ信じられないような年だけど、終戦までの2年くらいが、本当に大勢が一気に亡くなっていったんでしょうね。 後退する一方でしたし。
 ああいうの見てると、何とも言えん気分になります。


 ……教訓が生かしきれてるのでしょうかね、今の中心で動かしてる人たちは。




 DVDは雨の中返しに行きました。
スポンサーサイト
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://capriccio2005.blog18.fc2.com/tb.php/174-b256f72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。