09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

非常に珍しいタイプだと思う。

2006.06.25/Sun/00:00:00


 彩雲国の話をすこし。

 随分と前に途中まで読んで、随分と長いこと中断していたのですけれど。
 先ごろ再開して、こう、怒濤の追い上げのごとく物凄い勢いで続きを貪るように読んでいるのですよ。
 それで、やっぱりそれなりに好きなキャラが出てくるわけで。
 前にもチラッと書いた気がするんですが、私はどうやら静蘭が好きなようです。
 今までの私の傾向からいくと非常に信じられないような結果なのですが。
 だって、


 普段丁寧口調で優しくて、見た目はほんとに優男、でも実は結構黒い。




 この典型は、まさに某庭球漫画の青ジャージ校の天才様ではないのですか………!!!




 声は好きだけれど、どうしても身構えてしまうひとなんですが。
 クラスにいたら、そこそこのお友達、までいけたら頑張った私を褒めて、ときっと思ってしまうんであろうなぁというひとなんです。多分。
 属性としては近いと思うんですよね。非常に。

 え、私だけですか。そう思ってしまうのは私だけですか。


 いつもの私の傾向からいくと、………絳攸あたり……? いや、どうだろう。
 双花あたりになびきそうなもんなんですけどねぇ。
 どうして黒い元公子様に……。

 きっと、身分的なもの、というのにも私は弱いような気がしてきました。
 姫さまに、それを守る従者、てのは物凄く王道ですが、元・最高身分のひと、というのがミソかと。
 わたくしはまったくの市井の人間ですが、上流階級には少々弱いようです。
 実際問題としては、ふざけんなてめーな勢いで嫌だと思うんですが、そこは創作の世界。多分関係ない。
 苦労知らずのただのボンボンだったら、いますぐにでも殴り飛ばしたくなる衝動に駆られると思うのですが、あのひとは、死線を乗り越えてきてますから…。
 そこの違いか……?

 そんなわけで、静蘭が一番っぽいです。
 うわー、いままでの私からは考えられない……本当に。
 なんで彼なんでしょう。
 自分が信じられない。そして秀麗にじぇらしーだわ。


 あと、多分私の中では彼とはまた別だと思うのですが、龍蓮も好きです。
 龍蓮はまた別格、かな。
 奇天烈な恰好してても多分愛しいと思います。
 しかしまー、顔のいい男は良いですなー。

 全体でいって (殿御だけでなく女子も子どももみんな含めて) お気に入りは、多分、胡蝶姐さん。(爆)
 かっこよくて素敵なおねえさん大好き。
 ただ花街一の妓女というだけならばそうでもなかったと思うのですが、あの性格に男前さ。
 惚れるしかないと思います。
 それと秀麗の母御とか、英姫とか、……て、みんな女子ばっかりだなぁ。。。
 ここの女子は男前でかっこいいひとが多いですね。

 みんなそれなりに愛しいと思います。
 劉輝だって、まぁ、可愛いし。(う、彼には悪いけど、どうしても“恰好良く”は見えないよ…) 尚書の二人も好きですし。茶州の禿鷹の二人とかかわいいし。朔洵も案外嫌いじゃない。春姫だって可愛いと思うし、燕青も好きです。
 うーん、すきなひとばっかりだなぁ。
 しかしまぁ、私としては、秀麗は劉輝とくっついてほしい、と思ってしまう。
 それもこれもやはり私が静蘭を好きだからだわ………!


 でも、全体的にいって、自分の気持ちが非常に曖昧です。
 そのへんが、“多分” とか、“思う” とかの多用に表れている気がする。
 うーん……もっと物語が進行していったらなにか変わるんだろうか。
 なんとはなしにですが、私自身が自制しているから、という気もします。

 とにかく、続きが気になるところでありまして。
 もっと読み込んでいこうかと思っている次第でございます。



 短編で、何か書きたいなー。
 私が書くと、ていうか考えると、全部長編用の設定になってしまうんだもんなー。
 そして大概がトリップ設定。

 どんだけ好きなんだよ、て話ですよね。

 でも好きだから、頭の中ではいろいろと話を考えています。
 ちょっと少年陰陽師のほうもそうだけど、形にすることを本気で考えてみようかな、と思っています。
スポンサーサイト
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://capriccio2005.blog18.fc2.com/tb.php/143-e1621f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。