05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

安んぞ・・・て、高校の時漢文で散々聞いたなぁ。

2006.06.28/Wed/00:00:00

 さて。久々ですが、サイト更新しました。



 ただし、連載ではなく短編ですが。
 ノリノリで下書きを (授業中に) 書いて、いつ書こう、いつ書こうと心待ちしていたのです。
 他の話を片付けてから、と最初は思っていたのですが、書けるところから書くべきかなー、と思い直して、書いてしまいました。
 しかしまぁ、途中で詰まって1ヶ月近くもかかるとは思いもせなんだ・・・・・・;;
 土方さんと遭遇するまでは、勢いで書けたんですけどねぇ。
 会話も書いていて楽しいですが、普通の文章、、、特に背景描写やら心理描写、モノローグなんかを書くのも楽しかったりします。
 下書きの時に、状況ややりとりが、はっきりと頭に浮かべることの出来たところは、ノリと勢いでがしがしと書いていけるのですが、ちょっと曖昧だったりすると、つい詰まってしまって………。
 ううむ。儘ならない。

 話を思いつくのは、大抵移動中や授業中なので、明日あたりは、駅から学校までを歩きにしてふらふらと考えてみようかと思います。
 少年陰陽師も彩雲国も、ネタはあるのだけれど、文章に起こすまでがなぁ~。 時間がかかるというか……。



 今回UPした小話は、お題をヒントに膨らませた話でして。
 ぎりぎりのところで漸く折れるヒロインとか、何事も無かったように書類奪って行ってしまう土方さんとか、珍しくヒロインにちょっかいかける土方さんとか、出歯亀よろしく一部始終を覗いていた3人のやりとりとか、非常に楽しかったです。
 「気の毒になってきた」 というセイちゃんの台詞を書くのが楽しかったり。
 思いっきり日常の話で楽しかったです。
 まぁ、それが、面白いかどうかというのとは、また別の話だと思いますけれど。。。(汗)







 いろいろと儘ならない、そんな日々。
 どうにか逃避したい。
 そんな思いでいっぱい。
スポンサーサイト
カテゴリ: サイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

いまさらわりとどうでもいいことなんですが。

2006.06.27/Tue/00:00:00


 そう、わりとどうでもいいんですが。
 なんだかとっといてあるのを見つけたので、いまさらですが、こっそり記録しておこう。
 随分前にやってみたやつだ、これ。

 ええ、そうです。
 成分を図々しくも分析するとかいうやつです。


 非常に微妙な結果で、どういう反応を示したらいいのか、いまいち自分の方向が掴めないのですが。
 だってほんとに、微妙。


 一応ネット上で名乗っているほうで。

 澤田佳人の85%は毒物で出来ています
 澤田佳人の7%は鉛で出来ています
 澤田佳人の6%はミスリルで出来ています
 澤田佳人の1%は心の壁で出来ています
 澤田佳人の1%は理論で出来ています


 本名のほうでもやってみました。

 ●●●●の52%は魔法で出来ています
 ●●●●の35%はスライムで出来ています
 ●●●●の6%は濃硫酸で出来ています
 ●●●●の4%は成功の鍵で出来ています
 ●●●●の3%は心の壁で出来ています




 そんなに自分が有害なものだとは思わなかった………!!!
 ひでー!!
 しかも、鉛だって人体には有害になり得るではありませんか。
 そうしたら、92%は有毒性のものだということに・・・・・・

 ほ と ん ど だ よ ・・・・・・!!!

 本名のほうは、過半数が非現実的な代物でしたから、私が現実逃避を繰り返す夢見がちな地に足の着いていない子どもに育っていったのは、きっとそのせいなんですね。(すでにここでも逃避)
 スライムが構成に入り込まれているというのも非常に反応に困るんですが。
 そんなちゃんとした形を保っていない物質だなんて。

 どのみち心の壁は構成されているらしい。


 某庭球漫画版があったので、そっちでもやってみましたら、微妙なキャラで構成されていたので、心底微妙な気分になった記憶があります。
 ほんと、反応に困る。
 なんなのか、わたし・・・・・・。
 大仏の人が大半だった気がしますが。いや、いいんだけどさ。主要キャラがほぼおらんかったぞ。
 知らん人の名前が・・・・・・(結構酷い)






 本格的に少年陰陽師と彩雲国の話を考えています。
 ただ、実現するかどうかというのは非常にまたそれは別問題ですが。
 とりあえず頑張ってみる。





 あ、今週、、、ていうか、今週末の日曜、合練あるのすっかり忘れてた。。。
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

刺激の多い一日でした(苦笑)

2006.06.26/Mon/00:00:00


 今日は風光るの20巻、発売でした!
 もう楽しみで楽しみで。
 いそいそと本屋で購入して、競歩で帰ってきましたよ。

 うふふふふ……………

 いや、ベッドの上で転げ回りました。
 きゃー! いやー!
 とか声の無い叫びを上げながら。

 なんだか面白い展開になってまいりましたね、また。
 あ゛ー! 総ちゃんがもどかしいっっっ!!!
 セイちゃんは、もう彼に恋して長いので、ある程度はこう、耐性というか、自分が分かってきていると思うんですよね。散々悩んできたし。
 だから、頑張っている健気なセイちゃんを、今回もかいぐり回してあげたい気持ちになるんですが。
 しかし。
 総ちゃん………………っっっ!!!
 誰か…っ! 誰かどうにか……!!
 この子はどうしてこう・・・・・・。
 これからこの二人、ほんとどうなっていくんでしょう。
 心から心配です。何よりも気がかりです。

 ていうか、アレを見てもバレないもんなんですかね。
 うちの連載の場合は、ヒロインがいるので、もしかしたら万が一、ということも有り得なくはなさそうですが。
 でも、偉~いお医者の先生の言うことだから、みんな頭っから信用しているんでしょうか。
 龍馬には………、ヒロインにも会わせてあげたいなー。
 佐幕派の彼らとは敵対の位置にあるけれど、なんだか憎めない人、という印象が多いようだし。
 やっぱりここは王道を通らせてやりたいし。


 いや、もうほんと、何回途中で本閉じて悶絶したか分からんよ。
 次の展開が気になりすぎてどうしよう、もうほんとに。








 久々に、結城先生の公式HPをのぞいてみました。
 プラス、少年陰陽師の公式サイトにも。

 で、リンクから飛んで、これから発売するらしいグッズを発見したのですよ。


 ブロマイド。



 っぎゃ―――――っ!!!


 やられた。
 やられましたよ、これ。
 昌浩と彰子のも可愛くてよかったけど、私はなにより、紅蓮とちび昌浩にやられました。
 撃ち抜かれた。
 なにこの昌浩の可愛さ!!! ぎゃー紅蓮ー!!
 ちょっと本気でのた打ち回りました。
 もう、悶絶。
 PCの前で転げ回りそうないきおいです。
 すごく、ツボ。
 こう……、ストライク・・・?
 ほんと、やられた。
 ねぇ、ちょっと、どうしよう。
 勢いに乗って (ていうか、調子に乗って?) 買ってしまうかもしれない。
 来月上旬、発売らしいから。
 恐ろしいわ。あさぎ先生………!!!


 私といえば、最近、ラジオが時々しか聴けてなかったりして、かなりしょんぼりな日々なんですが、ラジオCDも発売されるらしいですね。
 8月25日。
 同日には、篁も出るそうです。

 ぐは……………っ!!!

 しかも、9月発売の「真紅~」とあわせて三枚買うと、特典で書き下ろしの小説が貰えるそうで。
 こうなったら、3枚買わずしてどうしろというのでしょう。夏休みでも構わず絶対お店に行ってやる……!
 ていうか、いまからせっせと資金を集めとかないと、ぜってーしんどくなるぞー。

 いやー! もうほんとそんなに次から次へと……!!



 自分に収入がないために、いろいろなものを削って諦めて見送ってきたわけなんですが、少年陰陽師だけは、無理そうです。
 いままでは泣く泣く削ってきていたけれど、これからは特に、無理です。
 あーもう、ほんとに大好きなんだもんな。やんなっちゃうくらい。

 彩雲国が、これに並ばないように、どうにか阻止したいです。

 そうか。
 昨日の “自制云々~” という話は、多分これに繋がっていたからなんじゃないかと、いま、気付いた。
 多分そうだろうと思う。
 阻止しないと、本気でやばい気がする。
 いま、真剣に、とうとう、ついに、雑誌に手を伸ばそうとしているよ、私………!!!
 うわー・・・・・・どこまで抑えられるだろうか。。。(弱気)

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

非常に珍しいタイプだと思う。

2006.06.25/Sun/00:00:00


 彩雲国の話をすこし。

 随分と前に途中まで読んで、随分と長いこと中断していたのですけれど。
 先ごろ再開して、こう、怒濤の追い上げのごとく物凄い勢いで続きを貪るように読んでいるのですよ。
 それで、やっぱりそれなりに好きなキャラが出てくるわけで。
 前にもチラッと書いた気がするんですが、私はどうやら静蘭が好きなようです。
 今までの私の傾向からいくと非常に信じられないような結果なのですが。
 だって、


 普段丁寧口調で優しくて、見た目はほんとに優男、でも実は結構黒い。




 この典型は、まさに某庭球漫画の青ジャージ校の天才様ではないのですか………!!!




 声は好きだけれど、どうしても身構えてしまうひとなんですが。
 クラスにいたら、そこそこのお友達、までいけたら頑張った私を褒めて、ときっと思ってしまうんであろうなぁというひとなんです。多分。
 属性としては近いと思うんですよね。非常に。

 え、私だけですか。そう思ってしまうのは私だけですか。


 いつもの私の傾向からいくと、………絳攸あたり……? いや、どうだろう。
 双花あたりになびきそうなもんなんですけどねぇ。
 どうして黒い元公子様に……。

 きっと、身分的なもの、というのにも私は弱いような気がしてきました。
 姫さまに、それを守る従者、てのは物凄く王道ですが、元・最高身分のひと、というのがミソかと。
 わたくしはまったくの市井の人間ですが、上流階級には少々弱いようです。
 実際問題としては、ふざけんなてめーな勢いで嫌だと思うんですが、そこは創作の世界。多分関係ない。
 苦労知らずのただのボンボンだったら、いますぐにでも殴り飛ばしたくなる衝動に駆られると思うのですが、あのひとは、死線を乗り越えてきてますから…。
 そこの違いか……?

 そんなわけで、静蘭が一番っぽいです。
 うわー、いままでの私からは考えられない……本当に。
 なんで彼なんでしょう。
 自分が信じられない。そして秀麗にじぇらしーだわ。


 あと、多分私の中では彼とはまた別だと思うのですが、龍蓮も好きです。
 龍蓮はまた別格、かな。
 奇天烈な恰好してても多分愛しいと思います。
 しかしまー、顔のいい男は良いですなー。

 全体でいって (殿御だけでなく女子も子どももみんな含めて) お気に入りは、多分、胡蝶姐さん。(爆)
 かっこよくて素敵なおねえさん大好き。
 ただ花街一の妓女というだけならばそうでもなかったと思うのですが、あの性格に男前さ。
 惚れるしかないと思います。
 それと秀麗の母御とか、英姫とか、……て、みんな女子ばっかりだなぁ。。。
 ここの女子は男前でかっこいいひとが多いですね。

 みんなそれなりに愛しいと思います。
 劉輝だって、まぁ、可愛いし。(う、彼には悪いけど、どうしても“恰好良く”は見えないよ…) 尚書の二人も好きですし。茶州の禿鷹の二人とかかわいいし。朔洵も案外嫌いじゃない。春姫だって可愛いと思うし、燕青も好きです。
 うーん、すきなひとばっかりだなぁ。
 しかしまぁ、私としては、秀麗は劉輝とくっついてほしい、と思ってしまう。
 それもこれもやはり私が静蘭を好きだからだわ………!


 でも、全体的にいって、自分の気持ちが非常に曖昧です。
 そのへんが、“多分” とか、“思う” とかの多用に表れている気がする。
 うーん……もっと物語が進行していったらなにか変わるんだろうか。
 なんとはなしにですが、私自身が自制しているから、という気もします。

 とにかく、続きが気になるところでありまして。
 もっと読み込んでいこうかと思っている次第でございます。



 短編で、何か書きたいなー。
 私が書くと、ていうか考えると、全部長編用の設定になってしまうんだもんなー。
 そして大概がトリップ設定。

 どんだけ好きなんだよ、て話ですよね。

 でも好きだから、頭の中ではいろいろと話を考えています。
 ちょっと少年陰陽師のほうもそうだけど、形にすることを本気で考えてみようかな、と思っています。
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

もう金曜日になってしまったのか………!!!

2006.06.23/Fri/00:00:00

 今まで、わりと初期の頃から登録していたのは、どれもこれも幕末関係の検索サイト様ばかりだったのですが、最近、ふと思い立ってみて、いくつか、検索サイトに登録いたしました。

 どこも、私の中では大御所だと思っている、ジャンルも登録数も多いサイト様。
 自分でも小説を公開するようになる以前から、見つけてちょいちょい利用していたところなので、非常に緊張しました。
 幕末関連のみしか登録してなかったので、世間が狭かったというか。
 なのですが、連載ももうすぐ20話くらいになるので、もうそろそろいいかなぁと思い、全般的に扱っている検索サイト様にも登録してみようと。

 私の中で、検索サイト様は勿論なんですが、他のサイト様にリンクをお願いするときって、ある程度実績を積んでから・・・というか、開設してすぐ、ではなくて、ある程度経って作品数もそこそこになってからでないと、してはいけない・・・・・・ことはないんですが、なかなか申し出にくい、気が引ける、というところがあるんです。
 そんな強迫観念が。
 よそ様へのリンクはいつになっても言い出しにくくて緊張するのは変わらないのですが。
 無精だし、人見知りだし、緊張してしょっちゅう書き込みなんてもってのほかだし。。。
 そんなわけで、人付き合いが非常に苦手なので、ひとり彷徨い歩くのが常なんですが。

 新しくサーチ様に登録してから、アクセス数が何だか伸びまして。(当たり前だ)
 ここ最近はわりと頻繁に更新もしていたせいかもしれませんが (さすがにひと月ごと、じゃまずいですもんね・・・)、 拍手もちょいちょいいただくようになりまして。毎日何回かはあるんです。
 非常に嬉しい限りです。ほんとうに。
 メッセージもよく頂くようになって。
 なんていうか、拍手していただけただけでも嬉しくて飛び上がりそうなのに、メッセージまでいただくと、嬉さ通り越して寧ろ申し訳なさがやってくるというか。
 本当に、本当に、ありがたいことこの上ないです。
 完全に趣味でやってることに、皆様の評価をいただける、というのがほんとうにありがたいことだなと思います。

 ・・・・・・で、その拍手なんですが。
 恐らく短編のほうからだと思うんですが、タラシの彼女が異様に評判です。(笑)
 基本的にわたくし、女子は男前、が好きなのです。(きっと自分が“可愛い系”には絶対になれないことも原因だと。。。)
 で、自分が扱うならそんな子でなくてはいかんな、と思い。可愛いだけの子だときっと話を展開させられないと思う。……男の中にあってもガンガンいくタイプでないと。
 ……………偏りすぎな点が昔から私のいかんところだ・・・・・・;;
 そう思って自分の欲望のままに描いていたのですが、こうまで天然タラシに集中するとは・・・・・・。
 しかしなんというか、自分の作った子が、ある意味理想像ともいえるような、自分を一部投影したような子が、こうして受け入れられているのを直に感じると、非常に感慨深いものがあります。
 彼女はとりあえず自覚ナシのそれが普通だと思っている子なので、 (そう、ホスト体質。) これからもそういう場を作っていきたいです、できれば。
 彼女に人気や妓をとられていく隊士たち、、、とくに幹部連中が悔しがっている様を書ければ・・・・・・ (笑)
 タラシ暦30年ほどにもなるベテランの (笑) 土方さんに勝てるのかどうか、というところはまた微妙ですよね。対決して欲しい気もするけれど。
 ・・・・・・・・・て、それ見たいなら私が書かなきゃいかんわけですが。




 父上がいま、ケーブルTVで暴れん坊を見ています。
 あの、テーマ曲が流れていて、ちょうど佳境、というか、見せ場です。
 新さんがカキンカキンやってます。大暴れです。
 王道で、定番で、や、そこはどうよ、と突っ込みたくなったりしますが、それでもやっぱり時代劇はいいな、と思います。
 殺陣が素敵だー。
 和装はいいですね。とくに和装の、男の人。
 袴姿も素敵だし、着流しも良い。
 日本人はこれが一番素敵に見えるよなー、やっぱり。
 合気道部入ったのも、袴の影響は第一、だな。うん。いま再確認した。
 先輩の袴姿に惚れたもん、あのとき。

 そうそう、袴つながりでひとつ。
 袴の崩れないはき方ってないんですかね。
 どうやっても崩れてくるのですよねー……。
 こう、教えに来てくださってるえらいひととか (師範とか) 演武大会なんかで見かける袴の男の人とか。全然崩れてないんですが、やっぱりやり方が違うのでしょうか。
 私なりにいろいろとそりゃーもう工夫して工夫して。毎回いろいろと試してやってるんですが、どうにも。
 合練とか、長い時間やってたり、押さえ込みなんかの技が多かったりすると、どうしたって崩れてくる。致し方ないことなのかもしれないけれど、それでも。
 むむむ。なにがいかんのか。
 男性と女性の体型の違いでしょうか。
 腰で締めても崩れるんですが。
 うちでは、比較的わたしは崩れてないほうだとは思うんですが。ていうか、一番崩れてないと言ってもいいかもしれませんが。
 難しいなー。
 馬乗袴は男の人が穿いてるもんだしなー。激しい動きしすぎなのがいかんのか??

 さすがに慣れたとはいうものの、まだまだ挑戦は続きます。袴への。


カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

またひとつ年をとった。

2006.06.21/Wed/00:00:00

 本日、わたくし生誕日、でした。らしいです。



 わお。なんと。





 ぎりぎりのふたご座。生まれたときは……確か金曜日でした。 (そんなことはどうでもいい)

 これでまたひとつ年を取ったわけです。
 あー去年は、やれ成人だ、やれ年金だ、やれ酒が堂々と……云々言っていたわけですが。
 去年は確か友人宅で誕生日を迎えたんでしたな。
 前日が合練で。レセで酔っ払ってタクシー途中で止めてもらって道端で吐いたんですよ・・・。
 わー………非常にみなさまに迷惑かけた事件ですよ。
 大変忘れたい事柄です。
 まぁ、飲みすぎて吐くのも経験っちゃ経験ですけど。。。
 あのときは、もとから体調が悪かったようですから。熱あったらしいし。(爆)

 それに気付かなかった自分も自分ですが。


 ま、思い出です。



 今年はこれといって何も無く。
 予想外に学校休んでしまったので、 (前の日までは一応行くつもりだったのに) 師範練も出られなければ、同じ誕生日のT氏に直接お祝いの言葉を言って差し上げることも出来なかったわけですが。
 メールは皆様から頂きました。
 ……………………御礼のお返事をまだお返ししていないので、早く送らねば………。
 すみません、メールを下さった皆様。
 もう暫くお待ちいただけませんでしょうか………。
 本当、すみません……! (平身低頭)



 実は、今年はなんだか自分の誕生日をすっっっかり、忘れておりまして。
 あれー? 今日は何だかメールが多いなーどうしたんだー?
 とか、すっとぼけた反応をしていました。
 ほんとにすみません、こんな私にメールを下さった皆様。
 こんなんでもう、すみません…………。


 なんだかもう既に、年取らなくていいよ、とか思っています。
 このままどこかへ飛んでいきたい。
 トリップ夢みたいなこと本当に起こらないかなー、と恐ろしいまでの現実逃避をしています。
 もう、このまま引きこもりたい………(切実)
 もうほんとにどっか行……(自主規制)
 延々と愚痴になったら困るので、もうやめなくては。


 今年は随分と後ろ向きな誕生日になってしまった・・・・・・。

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

とうきょうへ。

2006.06.18/Sun/00:00:00

 一泊二日の東京方面への旅。
 今回メインは法事です。そして墓参り。


 一日目。17日。
 朝、新幹線に乗って東京、ていうか新横浜まで。
 家族三人なので、3列の座席なんですが、あれ、結構窮屈だなぁということを再確認。知り合いならいいのだけれど、横が知らん人だとだいぶしんどいと思う。
 特に真ん中。

 新横浜に着いて、荷物を預けたらすぐに横浜へ。
 いやーもう本当何年ぶりだろう、横浜。
 中学までは母上と買い物にしょっちゅう行ってたけど、こっち来てからはなかなかなぁ。
 着いてすぐのうちは、何が何やら・・・て状態だったけど、段々と記憶が蘇ってきて。
 ああ、ここはこんなんだったなぁ、とか。
 ここにはこれがあったなぁ、とか。
 あそこ、あんなんできたんだ、とか。

 懐かしい。

 横浜着いたらお昼だったので、昼ご飯にすることに。
 寿司、食ってきた。
 ・・・・・・まぁまぁ、あんなもんだろう、てとこでしたけど。
 おっちゃんがどんどん握ってどんどん出してくるので、こっちも早く食べなきゃ、て急かされてるようで、わたわたしながら食べました。カウンターだったから余計かもしれん。
 寿司食うのにあんなに疲れるとは……。
 昼ご飯があんまり忙しかったせいもあり、異様に暑くて。
 ちょっと休憩、というわけで、アートコーヒーへ。
 ここもよく来たよ・・・・・・。来るたび利用してた気がするなぁ。
 でもなんか、あそこの椅子、前はもうちょい豪華じゃありませんでしたこと? あんなにちゃっちかったっけ??
 そこらへん、疑問。

 暫くして、大和へ。
 いや、ここは本当に久しぶり。
 法事で来た以来だから・・・・・・小学校以来か?
 駅着いて、グランドホテルのあたりまで来たら、なんだか思い出した。
20060623003017
↑あまりに感慨深くて撮ってしまった。
 ホテル前の花屋さんでお供えの花を買って。ここも昔っから変わらんなぁ・・・。
 お寺は少々遠いので、タクシーで。
 でも表の大通りからしか行ったこと無かったから、どこ通ってんのか私にゃさっぱりだったよ・・・・・・。
 あのお寺は変わらんな。懐かしい。お墓の場所もなんとなく憶えてたよ。時間がそんなに無かったから無理だけど、あったらあのへん散策したかった、とちょっと思った。・・・・・・結構怖いけど。


 また横浜に戻ってきて、せっかくだから、と母上がいうので、中華街へ。
 うわー。中華街もものすごく久しぶりだし。
 その前に元町を往復して。
 いろいろと冷めてるせいか、別に何とも思わんかったのですが。ああ、デートとかで若者が来たりするのか、くらいなもんで。
 昔来たことあるし。
 横浜以外の人がたくさん入ってきてるから、別になんてことない町に成り下がってる気がしたりして。
 なんか、母上も言っとりました。あのひと、あのへん庭みたいなもんだしな。

 一通り見て回った後、中華街へ突入し、ちょっとふらふらして、早めの夕食です。
 まぁ、どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、中華街て、夏は総じて暑苦しいですよね。
 湯気が立ち上ってたり、油で揚げてたり。
 食べ物も、暑苦しいものばっかりだし。
 冬は冷ましながら食べる、ていうのでいいと思うんですけれど。寒いし。でも夏は暑い中あの暑苦しいとこに、ていうのがなんだかね。
 中華街は夏来るもんじゃねえな、と思います。

 ご飯はなかなか美味しかったです。
 ああいう、外行くと思うけど、他の人々に比べて、うちはよく食うなぁ。
 そして他の人々よりも早く終わるんですよね。
 3人であの量はだいぶ多いと思うよ・・・・・・。

 食後、雨が降ってきたので、タクシーで新横浜のホテルまで。
 今回は東横インです。
 東横インは初めてだったけど、特に何もせず、宿泊するのが目的なら、あれで充分だなぁと。必要最低限、あるし。朝はご飯お腹いっぱい食べられるし。私あのおにぎり5つも食べてしまったよ……。


 二日目。18日。

 今回のメイン、法事です。
 奇しくも、当日はちょうど姉上の命日だったらしく。なんて偶然。
 お墓は……どこだったっけかな? 多分、八王子。
 なにぶん、これも小学校以来・・・あれ?中学以来か? なので、しかもたまにしか行かないので、記憶が曖昧です。
 車で行ってたころは、私いつも酔ってお寺の前の雑木林のところで吐いてたもんなぁ。
 天気が悪いためもあり、今回は、駅からタクシーです。
 ・・・・・・・・・でも今回もちょっと酔った・・・・・・。

 父上の方は日蓮宗、母上のほうは浄土真宗、そして学校は浄土真宗、というわけで、私の中で今、根強いのは浄土真宗なのです。
 まあ、大した差ではありませんが。月一で礼拝してりゃ、そりゃそっちのほうが強くなるか。
 あー、そんなわけで、なんとなく違和感でした。
 それだけなんですが。
 そこのお坊さんは、祖父のときも祖母のときも葬式に来てたお坊さんなので、なんとなく憶えてましたが、あの親しみ加減が微妙です。
 個人的に仏教についていろいろ聞いてみたい気もしたんですけど。一般人と、お坊さんとじゃ、学んでることってどうなんかなって。話を聞いていて思ったので。どういうこと勉強するんだろうかと。
 そうそう、お経あげてもらっている最中、南無妙法蓮華経、と唱えさせられるのが、最大の違和感でした。
 いや、だって、普段南無阿弥陀仏、だからさ。
 焼香も回数違うんでしたよね、確か。日蓮は3回だっけ?
 仏教学必修だと、いろいろと考え方が変わってくるわ・・・・・・。うーん、興味深い。

 お経あげてもらった後、本堂の裏がお墓なので参りに。
 このお墓もいろいろと問題あったしなー。あんなんよそ様のことだとばっかり思ってたのに、何が起こるかわからんもんだよなー。ていうか、このお墓うちのじゃなかったら、姉上だけ入っててこれからどうすんだろ。出すのかな。
 うーん、複雑。

 お花供えて手合わせて戻ってきたら、父上の・・・叔父さんか? あれ? とにかく親族が来てまして。
 多分、祖母の葬式以来、かと。
 あのときは確かあたくし高校生でしたね。あー、もうそんなに経つんだ。早いなー。
 葬式や極偶に行ったことのある法事のときしか会ったことがないので、ああ知ってる、多分。程度ですから、まぁ居づらい。
 時間を潰そうとお手洗いに行ったら、それはそれはでっけえ蜘蛛に遭遇して。
 本当にでかいのですよ。本当に。
 ショックのあまり何も出来ずに全力で出てきてしまいましたよ。
 ほんとびっくりした。
 だって、ドア閉めたら、ぼとっと落ちてくるんだもん。
 足長かったし、胴体だけでもでかかった。
 声の出ない悲鳴、ってこういうのをいうんだな、と妙なことを実感してしまいました。
 もうほんと、いや。


 帰宅はわりと早うございました。
 明るいうちに帰ってこれたよ。

 そうそう、新幹線の中で大変暇であろうと思って本を持っていたのですよ。
 彩雲国を。
 2巻まではだいぶ前に読んでいたのですが、一時中断しておりまして。(やっぱり懐の関係で。)
 今回行くにあたって、内容もうろ覚えだからもう1回読もう、気になっていたし。ということで持っていったのですが、すぐに読み終わり。横浜の有隣堂でさらに2冊買い。その日のうちにホテルで読み終わってしまったので、帰りの新幹線では大変暇でした。・・・・・・向こうでわざわざ買った意味がない。
 続きが気になって仕方が無いです。もう。
 悪い癖だなぁと思うのですが、その世界にどっぷりつかりすぎて、いろいろ空想の世界へ旅立ってしまうのですよね。私の思考が。
 夢を考えてしまいましたよ、わたくし。
 ああああ、そんな場合ではないのに。
 ちなみに私はたぶん、静蘭が一番好きだ。・・・・・・私にしては珍しいタイプだと思うけど。
 気に入りは秀麗なのですけどね。女の子が自分の好みというのは一番だね。じゃなきゃ読む気にはならんと思うけれど。



 ええと、多分、書き残したことは無いと思うので、このへんで終わります。
 すごい長くなってしまった・・・・・・。
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ついたどー

2006.06.17/Sat/12:06:14

着いたー
新横浜着いたー。

横浜も恐ろしく久しぶりだなぁ。

写メ撮るチャンスを逃した………
カテゴリ: 携帯から
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ただいましんおおさか

2006.06.17/Sat/10:19:22

20060617101922
これから乗り込みます。
9:30発。

新幹線を利用するのは幼い頃からのことなので、なんだか慣れてしまいました。
指定だからそんなに早く行かんでも充分なんよね…

さぁて…どうやって時間潰そうか。
カテゴリ: 携帯から
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

旅立ち

2006.06.17/Sat/10:19:10

これから旅立ってきます。

ああああ、ひとがいっぱいいいい~~………

そういや今日は土曜だった。
迂濶だったわ…

最寄り駅乗ってすぐ目線を上げたら、携帯のCMしてる某アイドルと目が合ってしまって、反射的にうっかりどきっとしてしまったじゃないか……(少し動揺)
カテゴリ: 携帯から
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

なんかおもしろい。

2006.06.16/Fri/00:00:01

 きまぐれでブログペットなるものを取り付けてみました。
 ほんっとに気まぐれ………。

 いやしかし、なんか面白いね、これ。
 とんでもないこと喋りやがったし。
 「埋葬♪」とか音符つけて言いやがったよ、この子!!


 友人とこでも見かけたから面白半分で取り付けてみたけれど、なかなか楽しくて気に入りましたよ。

 しっかしこれ考えた人すごいなぁ。
 よく考えつくよなぁ。



 明日は朝早く出て東京行くから、早く寝なければいかんというのに、なにやってるんだろうか、私。
 


カテゴリ: サイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

たいしたことではありませんが。

2006.06.16/Fri/00:00:00

 明日から、ちょっくら東京方面へ行ってきます。

 姉上の法事で。


 久々に行くのだから、日帰りでは味気無いしせわしない、というわけで、明日明後日と泊まりで行きます。
 家族全員で。
 そりゃ、姉上の法事だから当たり前か。
 うん、そうだな。
 ええと……、確か……23回忌…?
 まぁいいか。

 ついでに祖母たちの、つまり母上の家のほうのお墓にもお参りにいこうか、というわけで。
 姉上のお寺は東京ですが、母上の家のほうのは大和なので、必然的に泊まりに。
 大和のほうは小学校以来行ってない気がするなぁ。。。
 一番年の近い従弟にも小学校以来会ってないなあ。
 兄のほうはこの前転勤でこっちに来たから会ったけど。弟のほうはどんな風に変わったのかさっぱりだよ。
 どっかでもし会っても絶対分からんね。
 ・・・・・私はあんまり変わってない気がするんだがなぁ。
 髪形が変わってないとあんまり変わった感じはせんだろうし。

 ・・・どんなんなってるのか、気になるところではありますな。
 この先会う機会なんかあるんだろうか。
 冠婚葬祭が無い限りないだろうなぁ。
 誰か結婚でもしたら集まるんだろうけど。


 まぁ、わりとどうでもいいことでしょうがね。




 法事には、だいぶ前に母上がどこかの露店で買ってきた安い数珠ではなく、学校で配られた (買った、わけですが) 揃いの数珠のほうにしようと思います。
 聖典は・・・・・・いらんよな。


カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

体のあちこちが痛いのは、運動不足なわけではない

2006.06.13/Tue/00:00:00

 そう、やつらがやたらと容赦ないから体の筋が無理に引っ張られすぎてしまっただけなんだ。
 きっとそうだ。

 そんなわけで、前の日、ルームシェアしてる友人宅にお邪魔して、昼まで寝こけていました、澤田佳人です。みなさまこんにちは。

 と、微妙なテンションでなんとなくご挨拶しつつ始めようとしています。


 いや・・・本当いろいろとあちこち痛いんだよ。
 筋肉痛ではない、と思いたい。
 そんな年頃。


 午後、O氏の家を出て、主将と二人、バスに乗っていったん学校まで。
 道場へ道着を置きに行き、Kちゃんは授業へ、私はそのまま下校。
 裏の門から出て、墓の間通って、智積院を通り抜ける道を選びました。
 うちの学校てほんとに周り墓ばっかりだよね・・・・・・。
 まぁ、昔は埋葬地だったのだから仕方ないのだけどさ。
 ・・・・・・鳥辺野だし。
 六道珍皇寺もわりと近いし。
 あーこのあたりを篁は走り回ったりもしてた (かもしれない) のかー。 と思うとうずうずしますよね。
 いろいろと縁の地、京都。

 ・・・・・・一回生からもう1回ちゃんとやり直したいなぁ・・・・・・(切実)

 そんなこんなで今日はわりと早く帰りました。
 なにかこう、無性に読みたい衝動に駆られたのですが、こういつもいつも湯水の如く金を使ってはいかんので、本屋で物欲しそうに眺めつつ、そのまま帰ってきました。
 しかし本屋に入り浸ったまま私は一日過ごせるよ・・・。
 楽しくて仕方ない。


 そうそう、昨日の夜はなかなか寝付けなかったのですよ。
 どうしてか分からんのですが。
 皆が寝静まった後も、あっち向きこっち向き、ごろんごろんしては携帯をいじりすぎて電池を危うくしたり、お茶 (1リットルペット) 飲んだり、音楽聴いたり、話の続き考えたり、うっかり少年陰陽師の夢を展開させてみたり・・・・・・・・・

 6時過ぎくらいまで意識ありました。
 つっても、寝たのが3時過ぎてたしな。
 で、次気付いたら、もう昼。

 ギャー! ですよ。

 大概私が泊まりに行くと、みんな昼まで寝てたりするんですが、この日もうっかり昼まで寝腐ってしまいました。
 おまけに昼ごはん (食パン) も頂いて。
 昨夜家へ辿り着く前に寄ったコンビニでお茶 (1リットル) とでかすぎるおにぎりを購入したのだが、おにぎりは昨日のうちに食ってしまったのだよね。
 だって、お腹すくじゃないか。


 初めてひとの家に泊まったときはだいぶ緊張したもんですが、いまではすっかりしなくなってしまいました。
 あ、でもちゃんと分別は弁えてますよ。
 変に遠慮しなくなったというか。
 友達だし。


 来月の合練のときは、またどなたか泊めてください。

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

なんともはや・・・・・・

2006.06.12/Mon/00:00:00

 本日、合同練習でした。

 毎回会場となる大学がアスベストから復活したので、例年通り開催されたわけですが。
 先週の近畿の大学が集まる合練よりも (いろいろな意味で) 濃いのですよ。
 まぁ、比較的交流もあり、何かとみんな顔見知りだったりする割合が多いせいなのかは知りませんけれども。

 濃い。 んですよ。

 そりゃあものすごく。
 そう、濃縮版。
 縮小版ではなく、濃縮版。
 詰め込まれているわけです。 いろいろなものが。

 去年は (全体的にも) わりと大人しめかなー? と思っていたのですが、今年はその反動か、はたまた一昨年の再来か。
 あそこでアグレッシブな技を二つも出されるとは思っていませんでした。
 ・・・・・・・・・いや、まぁ、少しは予想してましたよ?
 先週も出してましたから。
 こっちのほうがみんなはじけてる感あるし。
 何かやるだろうな、とは思っていましたけれども。
 本当にやるなんて。
 一、二回生も確かにしんどいけど、幹部は前半後半なんて関係ないも同然だからだいぶしんどい。
 主将の受けやったからいかんかったのか?
 でもあれ更衣室でのジャンケンで決まったし。負けたし。
 あれしきで顔知られたり、なんてことあるわけない・・・・・・・・と思いたい。
 行動がいちいち遅いからかしら。
 私がよく溢れてた名残なのか、これは!?

 でもKの道場の暑さもいかんと思う。
 改善されたから、もうちょい過ごしやすくなるかと思ったのに。
 更衣室には窓ひとつないし。
 道場は暑いし。
 相変わらずのあの臭い。

 あれらはどうにもならんかったのでしょうか。


 うちは虫の類は容赦なく侵入してくるけど、換気はばっちり出来る環境にあるから、余計に感じるのかもしれません。
 本当にどうにかしてもらいたい。
 アスベストも困るけど、そっちも大変困る。

 困るといえば。直に道着、というのもどうにかならんのでしょうか。
 本来はそっちのが普通、なのは分かるんですけれどね。
 うちとやる時くらい中に一枚着てもらえんものなんだろうか。
 N師範はTシャツ着てらしたのに。
 いつも着ろとは言わんけど、せめてうちとやる時くらいどうにかしてくれ・・・・・・。
 それからでっかいタオルを懐に忍ばせて臨んで欲しい。
 せめてタオル。
 Tシャツは無理でもせめてタオルくらいは。
 その滴り落ちる汗は是非とも拭き取っていただきたい。

 畳に滴が落ちているのですよ・・・・・・!!!!

 合練において、押さえ込みは比較的楽、といってもいいかもしれませんが、その水滴がですね。
 問答無用に直撃する危険性があるのですよ。
 こちらが避けられる場合もあるのですが、そうとも限らず。
 本当困る。

 わりと多くの人が嘆いていることだったりするのです。
 うちでは、ですが。




 その後のレセでもまあいろいろとありまして。
 本当、いい加減にしてくれ、と言いたい。

 今年はだいぶ凄かったです。
 瓶一気が多数。
 そんなに流し込まんでも・・・・・・と思いつつ、いまいち周りのノリに乗り切れんところがありました。
 彼らの体調の心配をしてしまうよ。
 あれで他大は強くなってる(酒が)、というのはあながち間違ってもないんですが。

 うちの後輩に絡むのはやめていただきたい。

 本当に見てられませんでした。
 ただの酔っ払いやん。
 気付いてからは、ちょいちょい出向いたり、注意を促したり、水を勧めたり、どうにか飲ませないように目を配っていたんですが。
 本当、来月のでは気をつけなくては。
 二回生だけで座らせたのはまずかった。
 幹部が近くにいれば別だったかもなのですが。
 彼女たちにはよくよく言い含めておきました。
 本当に可哀相なことをしたよ・・・・・・。


 周りでは、それぞれうちの幹部も最初から交流を図っていたみたいなんですが、私は例のごとく、初っ端からひとりぽつんとしてしまったので、その時点でもう既に交流を図るのは放棄して。
 割と最初から自分のお腹を満たすためだけに動いていました。
 ちょうど目の前が料理だったので、人々が話をしている間も、関係なく黙々と食っちゃ飲み、食っちゃ飲み、を繰り返し。
 しっかりお腹いっぱいにさせてきました。
 しかしまぁ・・・、麦酒と酎ハイ、水割りくらいしかなかったもんで、あんまり酔えず。
 ロックは駄目って書いてあるんだもの・・・・・・。くそう。
 飲み放題だったから仕方ないっちゃ仕方ないんですが、にしたって今回は種類少なかったな・・・。
 もうちっとあってもいい気がするんだけど。
 ・・・・・・ご飯は結構美味しかったのに。
 ていうか、後輩があんなんなってたのにおちおち酔ってもいられませんけど。
 酔いも醒めるっつの。

 本当なんてことしてくれたのかしら。
 我々の中で、あの人らは完全にブラックリストに載りましたよ。
 後で謝るくらいなら最初からやるなっての!!
 うちは本来他大から勧められない、というのが暗黙のルールだった筈なんですけれどね。
 もー、来月の合練でも同じようなことしようとしたら黙ってません。
 相手が女子大の女の子だってことをちゃんと考えてくれ。
 ていうか、あっちも酔っ払ってたんだよ完全に。
 そうじゃなきゃあそこまでやらせないって。
 怒り心頭でした。
 何かあったら困るのはこっちなんだっての。
 学生課に怒られるのは主将なんだから。




 どうにか終わった後は、わたくしは主将と一緒に、O氏の家に泊めてもらいました。
 彼女はルームシェアしてるんですが、快く泊めてくれて。。。
 ちょっと遠いとこにあるんですよね。
 醍醐寺のほう、かな。
 でも学校まではバスで1本だから、便利は便利です。
 一本で行けるってのは楽だよ。バス停目の前だし。
 何だかんだ話をしながら、結局みんな寝たのは3時くらい・・・?
 ていうか、彼女の家に着いたのがもう12時半過ぎてたしな。

 私はなかなか寝付けませんでしたよ・・・・・・。

カテゴリ: 合気
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

今年度初合練

2006.06.07/Wed/00:00:00

 わたくし本日、大阪城まで出向いてまいりました。


 もちろん観光 、なんかではなく、 合練。 だったんですが。

 戦場なのは変わらず。
 ていうか、二回生の頃までとは別の意味で戦場だった気がする。

 致命的なのは、こちらからは相手を選べない、ということ。
 必死こいて走っていかなくても良いには良いんですが、とんでもない人に付きに来られる可能性もあるので、何とも言えません。
 女子大は物凄く珍しいからか、目当てだったりするひともいるらしいですよ。たぶん。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・こっちは顔すらろくに憶えてねぇってーのに。

 共学の人々からみたらそんなに良いのでしょうかねぇ。
 女ばっかりだから?
 でも実態はいろいろとアレなんだけど。。。


 とにかく。いろいろと大変でした。
 付きに来た中に一回生がやたら多かったのは気のせい? 1対1でも大概いけるくらいの比率なのに、なぜ窓際でまだ白い私が2人もかかえたりするの・・・・・・
 主将とか、前でやる人ならまだしも。

 今年はまたおとなしいのかと思っていたら、やってくれましたね。でぃー。
 一回生2人いちゃ、私も飛べんよ・・・!
 なんてことWO・・・・・・!!!

 まーでもアグレッシブだったのはこれくらいかな。
 他は基本技に近かったし。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・だいぶ被ってた気がしたけど。

 で、午後からの研鑽会は・・・・・・・・・何も言うまい。
 講習会と被っている点が多々あったけれど、改めて勉強には・・・なったのかな。

 そして疲れ果てての解散はどこよりも早く。(主将の言葉も短いし。)
 幹部はお茶してそのへんふらふら見て、各々、思い思いの行動をとり、自由に帰っていきました。




 私は帰ってきてから、夕飯のあとすぐに、死んだように眠り扱けていたようです。
 自分が寝たという記憶がありません。
 気づいたら空が白んでました。

 来週はまた合練です。
 ハードだ・・・・・・。



 週末に小説UPできるといいなぁ・・・・・・(弱気)
カテゴリ: 合気
tb: 0 |  cm: 1
go page top

 

公開はらいしゅうですが。

2006.06.05/Mon/00:00:00

 だいぶ前、1巻だけ買ったきりでずっと放置だったデスノートを、少し前俄に集め始めどっぷりハマってしまった澤田です。

 ていうかただ単に新しく収集するの本を増やす余裕がなかった、ていうだけのことだったりするのですが。
 今も引き続き手が回らない状態だったりするのだ。

 漫画なのにあんなに読むのに労力いるとは思いませんでしたよ。
 が、続きが気になるのも事実。
 どうしようか散々迷って粘った挙句、結局揃えてしまったと。
 主にブック○フで。

 使ったらロクな死に方せんのはアレだけど、一度はやっぱり欲しくもなるよね……。
 まぁ実際あんなんあったら恐ろしい事になるのは分かりきってますが。
 たとえあったとしても、「誰に渡るか」 というのが一番重要かと。。。
 ていうか、賢いモン同士の攻防戦というのは本当怖いと改めて実感いたしました。
 鎬を削る、というか。ダイアモンドカットダイアモンド、というか。
 嫌いではないけどね。聡い男は。
 本当の意味で “頭のいい人” は好きです。


 そういえば、今月は映画も公開されるんだっけ。
 ・・・・・・だからあんなに大々的に売られてるのか。本屋でも平積みで。
 大概、映画化とか (他にもアニメ化、ドラマ化など) なったら、興味は一時失せることが多いのだけれどねぇ。
 原作を持っていない作品の場合は。
 既に原作を持っている (知ってる) のはいいのだよ。自分のが先だから。続きが出た最新刊を買える。
 でも持っていない場合、祭り開催中に1から手を出すのは気が引ける。
 私はきっと変なとこにプライドがあるんだと思う。そうとしか思えない。ていうか、ただの天邪鬼だ。

 うーん・・・、いろいろ考えていたら映画にもちょっと興味出て来た・・・。
 主演があのひとというのも、私としては特別異存はないし。昔からそれなりに嫌いではなかったし。・・・わりと好きなほうでしたかね。
 ただ、総ちゃんの月代がちょっといただけなかった、てだけで。←だいぶ根強い。(爆)

 どうなるんでしょうねー?
 もし気が向いたらまた朝っぱらから一人で見に行くかもしれない。。。
 映画館も一人でも大丈夫だということが分かったし。

 これで焼肉に一人で行けるようになったら完璧だね。

 ・・・・・・て、あー・・・何の話だよ・・・・・・。
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

大蒜と黄身ですよ。

2006.06.04/Sun/00:00:00

 にんにく卵黄始めました、澤田です。

 何やらとうとうウチでも“や○やのにんにく卵黄”をとる事にしたらしく、母上に
 「頼りないんだからアンタも飲みなさい」
 とよく分からんことを言われ、少し前から私も摂取しています。
 まだ始めたばかりなので効用も何もないのですが、少しでも何か足しになればいいので、ちょっぴり期待も寄せつつ続けていこうかと思っとります。まずは三ヶ月、だったかな?

 ていうか最初見たとき黄色すぎてビビったよ。
 私カプセルの薬って飲んだことないから・・・・・・ていうよりもともと薬自体飲まんのだけど、そのせいか、いつ中身が破裂して飛び出してくるか気が気じゃありませんでした。
 飴と間違えて舐めんかぎり大丈夫なことだけれどさ。


 なんとなく、そんな近況報告。



 で。
 終わらない。
 書いても終わらない。
 どうーしても終わらない。
 だからなおさらいつまで経っても気に入らない。

 な、なぜ・・・・・・・・・!!!

 これはもしかして、短編のネタばかりに現を抜かしていたから・・・・・・?
 いや、だって楽しいんだもの。
 本編と違って(わりと)気楽に出来るからー・・・・・・。

 しかしこれだけかかって終わらんとは。。。
 このペースだときっと完成は、早くて今週末になりそう、な予感。
 今週はあんまりPC触れん気がするしなぁ。

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

こんなんではいかんのだが。だがしかし……

2006.06.03/Sat/00:00:00

 長編と書きかけの短編をほったらかして、また新たな短編を執筆中。
 ええっと、無性に土方さんとの会話が書きたくて。
 すごくノリだけで書けるような内容なもんで、つい………。
 題名には少々悩んでいますが、完全にギャグと言えないような、でも私の中ではギャグの部類に (無理矢理) 入るような話です。
 ………曖昧……。

 本編も早く仲良くさせたいんですけれどもね……。
 私の仕事が遅い所為で。。
 ついつい色々と考えすぎてしまって、上手いこと進まないのです。
 あああああ。
 上手く話を展開させていける方は本当に尊敬ですよ。
 ある程度までいったらそれなりに仲良く出来るんじゃないかと思うのですが、それまでがなかなか。
 私の中では、芹沢暗殺後が本番ではないかなーと思っとるのです。
 局長が近藤さん一人になるわけだし。
 副長の鬼加減にもますます磨きがかかって。(苦笑)

 とにかく早く展開させたい……。

 私は下書きをしっかり (台詞を主に) 書いて、PCの前でもまた推敲し直すので、やたらめったら時間がかかります。
 しっかり細部まで考えて書いたところは、早く書き上げられますが、そんなに…、というところはまぁ、相当な時間がかかるわけで。
 私はそんなんして書いているので、他の小説を書いてらっしゃる方はどのようにして書いているのか非常に気になるところではあります。
 ううん……。
 一日に2つとかUP出来た日には、すごい頑張ったなー私! と思ってしまうのです。
 しかも忙しいときに限って浮かんだり、進んだりするわけで。
 テスト前になると部屋を掃除したくなるのと同じですよね。あと、無駄毛処理が無性にしたくなったりとか。(すごくどうでもいい)


 いろいろと無精なので、しわ寄せがすごいです。



 あああ、引きこもりたい……………





 この短編は、PCに張り付いてがしがし打ってます。
 休み中に出来上がるといいなぁ…… (望みの薄い希望…)

 今日は微妙に後ろ向きです。
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。