06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

今日できることを、

…明日に延ばしがち。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

やっとこさ…やっとこさ…

2009.05.22/Fri/07:57:51


 見終わった――っっ!!



 もー最後まであちこっちそここですれ違ってすれ違って、お前らー!! て、もやもやしました。
 終始ずっとやきもきしっぱなしで。
 そこ、もうちょっと分かってあげようよ! とか、
 もう少し言い方ってもんがあるだろ! とか、
 本当は違うでしょう! とか。

 行き過ぎていろいろと間違っちゃった感があるけど、最初に望んだものは本当にささやかで真っ当なものだったのに、いつの間にか周りを巻き込んでズレていってオオゴトになって。
 哀れになるくらい、頑張ってるのに報われなくて。
 足掻いてもがいてジレンマに苦しんで、でも報われなくて。
 結局最後は憎まれる側に回って、そんなとこがどうしようもなく愛おしくてしかたない。
 頭でっかちなのにどこか抜けてて、そんなところもまた憎めない。


 スザクは自分の個人的好みからはもともと外れているのだけど、R2ではだんだん好きになっていったなぁ。
 途中、荒んで落っこちて成り上がるところが堪らない、とか思った自分は、斜に構えすぎてるんだろうか。
 それともじつはS?
 思ったより格好良いやん、と不覚にも思いました。
 やっぱり、るるの友達はこの子だけだったんだね。

 しかし如何せんR2は全体を通して星刻が格好良すぎた。
 緑川さんの声て、個人的に苦手で昔からあんまり受け付けなかったんだが、役が男前すぎてうっかり絆された。
 立場がまた妄想を掻き立てるよね、なんて。
 ジノもうっかりちょっと男前だったので絆されそうになりました。 なかなかいい奴なんだもんなぁ。
 声はほしさんだったので、うっかりびっくりしてしまったけど。 うーん…中身が先行して思ったよりはまらなかったな。

 オレンジが思いの外頑張っててツボだった。
 やるな…! とか思いながら見ていました。
 だってまさか、自分から志願するなんて思わないじゃないか。 なんていうか、なりたさん素敵よね。
 末路がオレンジ農園だし…。
 うん、彼はこの先もああしてのんびり暮らすがいいよ。


 私としてはもともとルル愛が大きすぎたので、最後はうっかり号泣ですさ。
 ああ、よくがんばったね、と。
 自分でもびっくりした。 嗚咽だったから。
 あの瞬間のために引きつけて、最後に悪を引き受ける形で開放するなんてさ。
 あの子ら二人、やっぱり根底は変わってないんだな、って、それにもうるっと。



 もー夜通し見続けて、日が昇った朝に最終回を見終わるなんて…。
 また清々しくて健康的な、不健康な朝を迎えてしまった。。。


スポンサーサイト
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ぎあすにかかる

2009.05.21/Thu/09:34:29

  ・・・のもいいかもしれない。



 と、いうわけで、コードギアスをもう一度見直し始めました。

 1期の23話、つまりテレビ放送分まではリアルタイムで視聴してたんですが。

 …ていうか我ながらなんて一番気になるところで……!!

 当時はそれこそ本当のリアルタイムで。 夜中起きててこっそりテレビの前座ってヘッドホンで見てた。
 第1話はテレビ欄に主演の声が書いてあったから気になって録画したんだけど、それ見た後は思いの外面白くて、先が気になりすぎて、録画しながらもリアルタイム視聴に移ったんでした。


 1期の24話、25話は見れず。
 さらに渡韓によってR2は当然見れず。

 テレビ放送終了付近で告知はされてて2期もやるっていう情報は知ってたけど、そのままいつの間にか始まっていつの間にか終わり流されて今に至るのだけど、ずっと気にはなっていたのよね。

 23話までなら一応の流れは分かってるから、初回からまた違った見方ができて面白い。
 おお、この人はこの時点で出てきてたのか! とか、
 このころはとことん温かったなルル! とか思いながら見て。
 ルルが可愛くて仕方ない。
 キャラ内ではリョーマに次ぐ好みな少年ではありますが、頭でっかちなあたりがなんとも言えずかわいい。
 あくどいようでいて案外あほの子で純粋培養な。  ウブっぽいし。
 見た目が黒髪な時点で弱いのはいつものことです。
 ああでも、ルルによって確か転がり落ちるように中のひとに傾いたんだったなぁ、とか余計なこと思い出した。
 初主役張るくらいのころから知ってはいたはずなのに。 こんなところで今さらあっさり落ちるのか、とか思った記憶がある。


 えええーー!!
 と思わず声をあげて、1期を見終わって。
 R2を初めて見始めました。

 知らない人がいっぱい出てきた!
 第1話を見て、中華連邦の変な人がすごい気になりました。 なんだあの白塗り麻呂。
 笑ける。 ツボすぎる。
 そしてみどりかわさんはああいう役すごく似合いよね。 男前だ。
 従者とか最高のシチュエーションだよなあ。
 あのいつの間に生じたらしい弟はだいちゅうだったのか。


 某ウィキなどで、事前情報を仕入れてあるので知識としてはちょいちょいあるのですが (実は結末も知ってる)、続きが気になってすごいドキドキしながら見ています。
 まだ序盤だけど、やっぱりたのしいよう!

 最後まで見終わったらまた感想を垂れ流しそうな気がします。
カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

空気感染の威力

2009.05.18/Mon/11:25:33

 ネットのニュースで、新型インフルエンザの感染拡大とか何やら書かれているのを見て、自分が渡韓したときにはまだ一桁台だった気がするんだけどなーと思ったんですが。
 ふと考えたらちょうど先週。
 一週間で広まるものですね。 さすが空気感染…。

 何やら関西が随分あれのようで、自分帰る時大丈夫か? とちらり。


 発つ時も韓国行きの飛行機は、恐らくそれ仕様では、と思われる座席配置だったし。
 帰りももしかしたら似たような感じになるのかなぁと思っていたりします。
 欧米からの入国ではないとはいえ、国際便だし、入国審査と検疫は厳しいんではなかろうかと予想。

 すげぇ恐ろしい、というよりは、どちらかというと、こういう体制に遭遇することって滅多にないから何やら不思議な感じ。
 こういう経験もまぁないわな、と。

 よく食べよく寝て帰宅後はうがい手洗い、をしてれば特に問題はないんじゃないかなぁと思ってるのだけど。どうなのかしら。
 菌は入ってるんだろうけど、体が元気なら大丈夫じゃないかなぁ。


 なんか、ちょいちょい流行りだしたころから思ってたけど、えらい過剰反応しすぎではないだろうか。
 報道も煽ってるよね、きっと。
 マスクだって、なくなるわけないし。 裏に絶対在庫余ってんだよ。
 10年以上前の米不足騒動の時とつくづく一緒だなと思う。
 ありますよ~~って言っとけば、そんなにみんな急いで買ったり、必要ない人が必要以上に買い占めたりしないのに。
 買い占める人間というのは、往々にしてその必要性のない人間なんだよ。
 あさましい。



 母国の日本よりも、普段から空気汚い韓国のほうが普通にこわいよ、ね…。
 でも自分黄砂の時期も何となく過ごしてたしなぁ……。
 慣らされたのかも。

 まあしかし、健康的な規則正しい生活を心がけたいものです。


 ほんと、自分が帰るときは大丈夫かな。。。

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

やっぱり好きだ、高校球児たち。

2009.05.17/Sun/16:48:15

 以前から見たい思っていた、おお振りの動画を見ました。


 か、かわいいっ……。

 三橋くんが可愛い。
 あの挙動不審さが再現されてて、口も菱形だったし、可愛らしかった。
 皆それぞれ可愛いけど、やっぱり三橋くんがかわいいなぁ。
 ほんと、頭ぐりぐりしたい。 わしゃわしゃ撫で回したい><
 でも、たぶん全体で自分が一番好きなのはきっとモモカンなんだろうなぁ(苦笑)
 どんなに男前がいても、格好良い女子がいればそっちが一番になる自分。
 昔から変わらりませんわ。


 エンディングのキャスト見て、花井くんがきしょう氏だったことにびっくりしたー。
 原作読んでた時の個人的脳内ボイスよりも若干高めだった気がする。
 モモカンの早水さんがすきです。
 あ、泉くんにえらい反応してしまうのはご愛嬌で(笑)

 織田が、うっかりちらっと考えた通りの兼ね役だったことに、3話初登場の第一声を聞いてすぐに分かってしまったのは、やっぱり愛でしょうか。
 …なんつって。
 誰がやるんだろう、もしかして兼ね役だったりするんだろうか、関西人だしもしかしたらあのひとがやっちゃったりするんだろうか、とか思ったんだけど。
 ま、まさか当たるとは。
 低めの関西弁で、うっかりきゃーきゃー言いそうになる。


 試合中のガヤが、よく聞いてると実に面白いです。




 他にも感想をぽつぽつと。

 三星にもいたけど春日部にもきしおさんが…!

 榛名さんはやっぱりかっこいい。
 かなり初期の段階で傾いた人だったからなぁ。 思い出の人って感じで。
 阿部くんサイドで過去だけ出てた時は、やなやつっぽい印象だけど、武蔵野サイドの描写で一気に好きになったもんなぁ。

 それから高瀬くんが杉山さんだった…! ついでに利央がまもで。
 脳内ボイスと違って焦ったけど…うーん…やっぱ高瀬くんの個人的イメージは杉山さんじゃないなぁ。
 おおおお高瀬くんはもっとしゅっとしてて欲しかった~~><

 あと自分は浜田もすきだ。

 ていうか、みんな好きなのか(笑)


 やっぱりおお振りは見ててどきどきするなぁぁ。
 内容は知ってるから、先が見えなくてどきどきはらはらってのはないけど。
 青春だなぁぁっ!ってどきどきする。
 みんなが頑張ってて泣きそうになる。
 漫画でもどきどきするけど、動いてるとより臨場感あるのね。



 応援席のブラバンの演奏聴いてると、あーこれ演ったなーとか、栄冠吹くのが楽しみだったのに機会奪われて後悔したなーとか、ああやって応援行ってみたかったなーとか、体育祭でもいいからもっとやりたかったなーとか。
 そんな中学時代のことを思い出す。
 懐かしい~~!
 こういう応援に向くような曲のほうが、基本的にどうしてもペット差し置いてメインにはなれなかった自分も主旋律に近いとこで吹けるから、個人的には好きだったんだよなぁ。
 トロンボーンて、音色はペットに近いものも出せるんだが低音の部類だからかリズム刻むかハモることが多くて。
 こう…どっちにもかかってるところが、また好きだったりしたんだけども。
 でも、あんまりいつも単調だから、ときどきメロディっぽいとこあると、すごいテンション上がって気合い入りすぎてどきどきしちゃったりしてたんだよなー(苦笑)
 しかし栄冠は引退までに吹けなくて本当にすごい後悔だった記憶がまざまざと。
 くそう、当時の生徒会め…。

 でも思い出してみると、当時何だかんだと頑張ってた中学時代の部活が懐かしい。
 最初は従兄の影響で選んだトロンボーンだったけど、やっぱり大好きだったんだなと。
 準備室の奥に眠ってた埃臭い教本引っ張り出してきて練習したり、筋トレ頑張ったり、手入れ念入りにしてみたり。

 青春してた、のかも( ̄▽ ̄)

 懐かしいっっ!!

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

題号変更。

2009.05.16/Sat/11:09:47

 以前からどうしようかなーと考えていたブログのタイトルを、この機に変えてみました。



 「今日できることを明日まで延ばすな」

 という諺からとったんですが、そうはなかなか出来ていないのが現実なので(汗)
 下の説明的な文章部分と合わせて、

 今日できることを、 …明日に延ばしがち。

 と、してみました。

 ほんといつも延ばしがちなんだよ~~……。

 いい加減延ばすのやめようぜ、という戒めもふくめてこのタイトル。
 自分の性格がうまいこと表現されてしまった。。。
 ていうかほんと、うまいこと言ってる場合ではないよ。



 でも実は今日変えたこのタイトル。
 もうひとつ候補があって。


 「うかうか三十きょろきょろ四十」


 すごく心に刺さった。

 なんと言いますか…。
 今の自分にぴったりすぎて、本当にもうどうしようかと思った。
 発言や思考がどうしてもサバを読んでいるのではないかとよく言われつつも、まだ一応二十代前半ではあるのですが、でもほんとにうかうかしてたらすぐ三十になっちゃうよ!!
 と危機感いっぱいになりそうなこの言葉。

 胸に刻みたいと思いました。





 二十代らしくない発言はこの際もういいや。
 いまさらというか。 もう手遅れというか。
 仕方がないよ、親の年代が違うもの。
 しかしその親にまで度々お前はいくつだと言われるのはどうなんだろうか…。
 所謂死語とか普通に出るし。
 外ではなるべく自重してはいるんだけど、日本語忘れてると、うっかりよく分からなくなってポロっと出ちゃったりして。
 学生時代からの友達や身内ならいいけども、それ以外の知り合いとかだったら、ね。


 ひとつ、最近親にお前はいくつかと言われた話があって。
 在韓による副作用=浦島状態の影響で、つい最近まで『アラフォー』という言葉を知らなかった私ですが、『アラカン』という言葉をネット上で見て、一番最初に頭に浮かんだ単語が、

 嵐 寛 寿 郎

 でした。
 その話を、この間の帰国の時に親に話したら爆笑され、お前は一体いくつなんだと言われました。
 あれ、共感してくれてもよくない?


カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

S&G

2009.04.30/Thu/01:13:23

 今日のぷいぷいでサイモン&ガーファンクルの来日公演の話をしとりました。


 私がちゃんと洋楽を意識して聴いていたのは、彼らが初めてで。
 小学生の時分、母上が買ったCDをよく繰り返し聴いたものです。

 母上は映画「卒業」を観た世代で。
 以前の来日のときにも、父上が貰ってきた券で叔母と行ってきたらしく。
 (その頃私はまだ小さかった)

 どうでもいいけどうちの父上はダスティン・ホフマンに似てる。



 そんなわけで、ぷいぷいを一家で見ながら、あらこれ行きたいねぇ、なんて話になって。

 公演は7月だそうなので、その頃には私も完全に引き揚げてるだろうし多分行けるだろうということで、予約にいたりました。

 サイモン&ガーファンクルは小学生の時分から馴染み深くて。
 英語も比較的聞き取りやすいよね。
 よく聴いたせいか、今でも好きです。
 楽しみだな~。

 でもあの人達、仲はあんまりよろしくないらしいから、どうなんでしょうね。
 でも結構お歳だし、これがきっと最後なんだろうなぁ。


 ひとまず、明日お金振込みにいかないと。


カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: --
go page top

 

関口さん。

2009.04.28/Tue/01:27:40

 昨日に行くとか言っていた映画は、私だけ寝腐っていたために、父母に置いていかれました。

 いいんです。
 ひとりでぐうたらしてましたがなにか。


*******************


 さて唐突ですが。


 わたくし、関口さんがすきです。


 …といっても関口さんというある人物が好きとかいうわけではなく。


 関口さん、という番組があるんです。


 この番組知ってる人っているのかなぁ…。

 一部関東あたりの地方ローカル番組だった筈だと記憶してるんですが、これが面白いんですよ…!
 番組の冒頭なのかな? に、万田兄弟というくらげみたいなうな重と天丼(天そばだったっけ?)仕様の人形が喋ってる体で数分。
 長男がフトシで、次男がサトシ。

 何がツボってそら喋ってる人ですよ!

 私の周りならきっと一部の人にしか刺さらないであろうこのキャスティング。
 念願だったらしい特撮(でんおう)に出てた人と、
 ……あれ、なんか適切な説明あったっけ?今自分の中ではどうしてもマのつく魔王様しか咄嗟に思い浮かばなくて申し訳ないんだけど、な人。
 や、別に名前出してもいいと思うんだけどね。
 何となくつい遠回しにしてみたくなるいつもの天邪鬼精神。

 あんたら絶対半分素やろ!? と突っ込んでしまいたくなるこの喋り。
 本当にね、台本はあるんだろうけども、喋り方が思いっきりあの人ら素ですよ。
 特に長男の人の喋りは前からツボでしたけれども、次男の人も一緒になると、何ていうか…うん。よいよ。
 番組自体はフルで見たこと無かったと思うのですが、この部分だけの動画がよくアップされてるので、探して見ては腹抱えて笑っています。
 素敵すぎる、このコンビ。


 そもそもこの人形かぬいぐるみか分からん物体がぶっさいくなのもツボやし。(かわいすぎる)
 ……欲しい。
 彼ら二人の喋りに合わせてこの人形も動いてるのがまた。
 その動きもツボ。



 向こうで喋っている二人の表情が見えるようですよね。

 もー大好きです。

 鈴村さんと櫻井さん知ってる人にはきっと倍以上面白いと思うよ。


カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: --
go page top

 

これでも時々真面目に考えてる。

2009.04.27/Mon/02:34:19

 ちょっと今の考えなぞちらりと書いてみようかと思います。



 今回死にそうになったことで、親にもやっぱり、 あんた…やっぱりそろそろ潮時じゃないの? といわれました。
 うん、私もそう思う。
 そもそも今回の帰国の時にはそのつもりだったし、親にもそんな話はしていたのだけれど。

 金銭面で、というのももちろんあるけど、たぶん感覚としては、厭きた。やる気が無くなった。 というのが正しいと思う。
 はっきり言って将来性無いしね。
 あとは……例の子がやめたのもでかいかも。
 それに合わせるように、その次の日久々のでかい風邪引いて寝込んだし。 でもその子がやめた次の日の日曜日は出る人が誰もいなくて私ふらふらしながら社長来るまで頑張ったんだよな…。
 あのときはさすがに、あーやっぱり内心ショックだったんだなーと思ったものでした。
 渡韓して、色恋沙汰としては一番でかかったし。
 一方通行でも心の潤いとしては役割大きかったと思うのよね。 週末逢えるのがある種楽しみにしてたとこでもあったし、些細なことに一喜一憂してたりしたし。
 それから、体力的にも私にはきつかったのかもしれない。
 なんだって夜型になってしまうしな。 労働だし。
 それが自分の国ならまだしも外国。 知らず知らずに負担かかってたんだなぁと思う。


 でもまぁ、これもいい社会勉強だったなぁ、人生の肥やしだったなぁ、と思えば、いい経験だったと思います。 無駄ではなかった、筈。
 今まではずっと親の庇護の元で育って暮らしてきて、大学でもずっと自宅生だったし、「外に出た」のは多分、この渡韓が初めてだったんじゃなかろうかと思うのです。
 母上もそういう意見だったみたいで、留学に際して大きく反対しなかった理由とか、色々聞かされました。
 うちは他所よりもどっちも先短いし、兄弟もいないから結局はひとりだし、早くちゃんと自立してくれなきゃ困る、とかも(苦笑)

 ついでに。
 以前からもう結婚してもいいくらいの歳だなんて軽く言われてはいたのですが。
 そろそろ適齢期なんだから、向こうでふらふらしてないで、そっちも考えなきゃいかんよ、とか暗に結婚を急かすような言葉を聞くようになりました。
 相手もいないのにそんなひどいこと言わないでよマザー。 と心にダメージでした。
 親の歳考えたらそら早いほうがいいけどもさ…!
 どうやら見合いなども視野に入れてるらしく、ちょっとこれは完全帰国したら本腰入れていろいろ頑張らないといけないな、と思わざるを得ない雰囲気です。
 ……ヤバイ、と本気で思った。




 とりあえず明日はクリントイーストウッドの映画を観に行きます。 一家で。
 すまんね、ナチュラルに1000円で映画観られる親で。

 だから早く結婚しろって言われるんだよな…。

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: --
go page top

 

日本はやっぱり住宅しっかりしてるよね。

2009.04.24/Fri/22:38:33

 花金です。

 いや、花金ってもう死語?
 昨今世間は花木なの?


 朝起き抜けに昨日もお邪魔した携帯直営店へ出向き、受付の人(昨日と違う人だった)に、

 「昨日も来られましたよね」

 と言われ。(羞恥ぷれいだ)
 さらに

 「昨日と同じ担当者にしましょうか?」

 と余計な気を回されたのですが、そこは

 「いえ、どなたでも結構です」

 と大人げにさらりとスルー。

 料金プランの変更自体はさっさと終わったので一安心ですが。


 うわああああんっ! 出世払いって出世しねぇよう…!



***************


 夜は江坂でお馴染みの店で焼肉食べてきました。

 一家で。

 此処の焼肉屋、私個人だと前回来たのは一年は前だったんじゃなかろうか。
 随分と久しぶりだなぁ。


 しかしうちの家は食べる量に対して食事時間が速すぎるな。
 外でこうやってご飯食べるといつも思うけど。
 みんなもっとゆっくり時間掛けて食べてるのになぁ。
 うちの一家みんながっつきすぎなんじゃろうと思う。


 ちなみに江坂まではがっつり徒歩圏内です。
 遠くてもいいの。
 散歩なの。
 食後の腹ごなしなの…!

カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: --
go page top

 

これ以上使うときけんです。

2009.04.23/Thu/23:46:27

 午後からは、いい加減危険を感じる携帯の電池パックを換えてもらいに携帯のお店へ。

 不具合の甚だしい我が携帯は、もう限界かいやまだ大丈夫かという状態をここ2、3ヶ月続けていて、今日とうとう地元の携帯直営店へ。
 不具合の様子を細かに伝えて、とりあえずは充電池の交換で様子を見るということに。

 たぶんこれで解消されるだろーなー。


 新しい機種は、日本引き揚げてきてから、気分一新の意味を込めて、頃合を見計らって変更すると思います。

 まぁでも当分はこれでそのままだろうな。 と思っている。

 まずは収入だし。








 夕刻。

 協議の結果、今日行ってきたばかりですが明日も訪ねて行って、料金プランを変更してもらおうと思います。


 ……猛省。 そして、出世払い。




カテゴリ: 戯言
tb: 0 |  cm: --
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。